ようこそ! 「不思議に満ちた施術の世界」へ ~「快癒を目指す自然療法」を展開している奈良、生駒のはずみ自然療法院です~

ブログからの「臨床例3」

2010/12/15/(水)

・・・<前略>
まぁ、いろいろと「希望」だけは抱いて頑張りますよ!

今朝、テレビを見ていた「ゆり組」さんが、急に足が痛いと言って泣きながら、びっこを引いてこっちにやって来ます。

まぁ、身体がどこかおかしくなった場合だけは、間違いなく「父ちゃん」のところへ直行してきます。

膝の上に抱えて、「痛い!」という「右足首」のあたりに「定触法」。
途中1~2回、動診で確認しながら、10分ほど当てていると。
チビ「もう、ええわ。」と膝から降りるそぶり・・・。
「ちょっと、はちってみるな。」
「あっ!痛くなぁい。さっきははちられへんかったのに。」
としきりに、「さしすせそ」が「たちつてと」になったしゃべり方で、まくしたてます。

あんなに泣いてたのも忘れて、
機嫌良く妹(僕の)に連れられて、園に出勤して行かれました(笑)。

で、呼吸法でも久しぶりにするかぁ、と思った矢先に「宅急便」さん。見てみると、患者さんからのお歳暮です。
慌てて『お礼の電話』をすると、なんとなく元気のない感じ。

聞くと、「右の首筋が痛くてつらい。」との事。
御礼にとばかりに、その電話で「遠隔施術」。

まずは、しっかり動診!
左側屈で、右の首の付け根に「痛み」。

それを患者さん(80代の女性)にも、しっかり「確認」しておいてもらって、
「患部に電話を軽く当てておいてくださいね。」と指示。

2回ほど「遠隔」を入れると、明らかに「声」が変わりました。
「あっ。楽になりました!」
これからお墓参りに行くと言っておられました。これで、少しでも「楽に」行けるといいです。

・・・<後略>

powered by Quick Homepage Maker 4.72
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional